ケガを治してうまくなる!現役医療従事者によるあなたのスポーツ応援サイト
ブログ記事

肘・上腕

重症型・難治性のテニス肘について。半年治療して治らない場合は手術が必要?

半年以上経過しても治らないテニス肘は関節に問題がある重症型・難治型のテニス肘かもしれません。このテニス肘は手術をすることで軽快しますが、そのままでは中々痛みがなくなるのに大変で、時間がかかります。難治型のテニス肘とは?

やり投げでの肘の痛み。やり投げ肘の説明とリハビリと方法

やり投げは野球の投球障害と同様に肘を痛める危険がある競技です。肘関節が後方へもっていかれることで、肘の内側の靭帯を痛めることはしばしばあります。ここではやり投げ肘について、治療や原因、リハビリについて触れています。

投球での上腕骨の骨折について。治療やリハビリについて。手術は?

投球時に腕が折れてしまうケガに上腕ラセン骨折があります。投球骨折の原因や治療はどういったものがあるのでしょうか?手術は?また固定期間や復帰までの目安も一緒にご覧ください。

バドミントンでの肘痛の改善方法。サポーターやテーピングのやり方は?

バドミントンでの肘痛は手首のスナップの使い過ぎで起こりやすく、それは前腕の回外・回内運動の不足が原因となります。具体的なリハビリやテーピング、サポーターをご覧ください。

肘の関節ねずみとは?関節遊離体のリハビリ治療や手術の説明

ロッキング症状で知られている関節ねずみについての説明ページです。原因から治療、手術後の予後についてご覧ください。

関節ねずみについて

手の小指側のしびれや違和感、(遅発性)尺骨神経麻痺の説明

尺骨神経麻痺は主に手の小指側にしびれや筋力低下を引き起こす神経麻痺です。中には手術になる場合もありますが、リハビリでカバーできる場合もあります。原因からリハビリまでどうぞ。

尺骨神経支配領域

子供の野球肘の治療、セルフケアのやり方と大切なポイントとは

子どもの野球肘のセルフケアのやり方の紹介です。簡単にできますし毎日コツコツする事で予防になります。特に一番問題となりやすい筋肉は要チェックです。

子どもの野球

シュートで肘が痛い!バスケ肘の原因とリハビリやテーピング

バスケのシュート時の肘の内側、または外側の痛みはバスケ肘の可能性があります。ここでは原因からリハビリ、テーピング、サポーターなどについてまとめてあります。バスケ肘についてご覧ください。

卓球での肘外側の痛み。卓球肘のストレッチやテーピング

卓球プレーヤーに多い肘の疾患に卓球肘というスポーツ障害があります。卓球肘はテニス肘と同様、上腕骨外側上顆炎と呼ばれるものが多いですが、正しい認識とフォームを身に着ける事で予防・早期回復が可能になります。特に大事になるのが、原因をしっかり認識できているかというところです。この記事は原因となりやすい事を大きく分けて2つ記載してあります。ストレッチやテーピングなどもご覧ください。

卓球

外側型野球肘(離断性骨軟骨炎)とは。治療やリハビリについて

野球肘・離断性骨軟骨炎の原因・症状・リハビリなどの解説です。また野球肘などの投球障害予防エクササイズを参考にして頂くことで、あらかじめ投球障害を予防しましょう。

野球の障害

野球肘(内側型)の治療とリハビリ、テーピングの貼り方

野球肘の内側タイプの原因、症状、治療、リハビリ、テーピングなどを記載してありますので、是非参考にしてみて下さい。 野球肘は患部のアプローチだけでは中々改善しません、全身的なアプローチでリスクを軽減しましょう。

前腕のテーピング

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)のストレッチとテーピングのやり方

テニス肘として有名な上腕骨外側上顆炎は日常生活でも生じる疾患になります。ここではテニス肘の原因や治療、リハビリはもちろん、テーピングのやり方も掲載してあります。使う道具でも痛みの出やすさに差がある?

テニス肘
PAGETOP
Copyright © Body Problem All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.