Pocket
LINEで送る

今回の記事は「クラブチームや部活での思い出の品。20人の保護者に聞いた実際に子供にプレゼントしたものとは?」の記事でフォトアルバムの評価が高かったので改めて比較してみました。

ただ当サイトはあくまでスポーツ目線なのでそのあたりを重要視していますが、一般的なフォトアルバムの作成でも参考になるかと思います。

フォトアルバム自体は多くの企業やサービスで公開されていますが、テンプレートがあることでの作り易さ、見本の存在、価格の違いなどを考慮するとおすすめのフォトアルバムの作成会社は多くない印象です。

11社をチェックしてみてどこがおすすめでしょうか?

スポンサーリンク

そもそもフォトアルバムって?

フォトアルバムは学校の卒業式の時にもらえる卒業アルバムをイメージして頂ければ問題ありません。

いわゆる普通のアルバムは写真を現像してアルバムに挟みますが、フォトアルバムはアルバムに印刷される感じですね。

卒業アルバムといえば、各クラスの個人写真と思い出のクラス写真や、学年行事の写真って感じですよね。

スポーツでのフォトアルバムも同じで、個人のページがあり、合宿や大会の思い出を印刷して組み合わせたりします。

引退時の品にはこれ以上の物はないと言っても過言ではありませんね。

 

 

フォトアルバムの比較

フォトアルバムの会社や作るサービスはいくつかありますが、とりあえず一覧を出したあります。しかし個人的にはせっかくの節目や思い出なのでしっかりしたのもを選んだ方がいいのでは?と思います。と言うのも、簡単なアルバムや小さいアルバムならむしろSDカードに入れてタブレットで各々で見る方がいいですからね。

あくまで記念なので、しっかりした方がおすすめです。

 

※大きさはA4を目安にしてあります(横×縦)

※価格は期間限定の割引や複数割引があるので、多少の誤差があります。またカバーはハード価格です。

※またおすすめは今回の部活やクラブチームの思い出としてのおすすめ度となります。結婚やその他の記念についてはこの限りではありません。また個人的な感想であることもご了承下さい。

商品名1Pの価格作り易さクオリティおすすめ
ビスタプリント166円 4/5
SPOBOOK237円 5/5
しまうまプリント16円 1/5
ドリームページズ202円 4/5
ココアルクイック150円 2/5
撮るだけフォトブック210円 3/5
フォトレボ207円 4/5
マイブック325円 5/5
フジフォトアルバム207円 1/5
PHOTOPRESSO55円 1/5
PhotoJewel S224円 2/5

 

この辺りが有名でしょうか。

こうやってみると価格はそれなりに幅がありますね。

ではどこにその差があるのか?また管理人目線でおすすめについて簡単に説明していきます。

スポンサーリンク

 

ビスタプリント

1ページあたりの価格:166円

大きさ:210mm×280mm

クオリティ:4/5

作りやすさ:2/5

ビスタプリントは名刺や印刷物で有名なサービスですね。管理人も名刺を作りましたが、フォトブックも作れるとは思いませんでした。

ただアクセスしてみるといい感じで作れそうなんですが、完成イメージがないのでどうやって作ればいいのかわかりにくかったです。

サイズは5タイプから作る事できるのはいいのですが、ちょっと作るイメージが出来ないのはマイナスポイントかな。

価格は全体でみると中間ぐらいですね。作り慣れている人向けかな。

印刷系に強いメジャーサイト「ビスタプリント」

 

SPOBOOK

1ページあたりの価格:237円

大きさ:200mm×269mm

クオリティ:5/5

作りやすさ:5/5

SPOBOOKは個人的に一番おすすめ

と言うのも素人でも簡単に高クオリティの作品が作れちゃうってのが大きいのと、完成された品のクオリティが高いっていうのがポイントですね。

  • 他のチームの完成形が見れるのでイメージしやすい
  • プロにスタッフに代行可能(有料)
  • 操作の説明が丁寧(動画アリ)
  • 無料素材が豊富

価格が高いのが唯一の気になる点ですが、これを選んでおけば間違いはないでしょう。

なんといってもスポーツに特化しているのがポイント。迷ったらスポブックを選んでおけば問題ないでしょう。

クラブや部活の思い出の品にSPOBOOKのフォトブックがおすすめの6つの理由

 

しまうまプリント

1ページあたりの価格:16円

大きさ:148mm×210mm

クオリティ:1/5

作りやすさ:3/5

しまうまプリントの売りはなんといっても価格。1ページあたり約16円は群を抜いています。

ただその分作品としてのクオリティは微妙と言わざるを得ません。

スポーツの記念の品には向きませんが、家でのちょっとした思い出にはいいかも。

(と言いつつ、今の時代ハイクオリティでなければタブレットで十分なので、使い道と言ったらアイドルが自分で作って手売りとかになるのかな・・・)

コスパは圧倒的。とりあえず作りたい人はしまうまプリント

 

ドリームページズ

1ページあたりの価格:202円

大きさ:297mm×210mm

クオリティ:4/5

作りやすさ:3/5

ドリームページは大きややページ数など、様々なパターンがあるので自分に合ったタイプを選べるのが良。

ただし安価なものだと、思い出の品としてはイマイチなのでそれなりに形にこだわった方がいいと思います。

個人的におすすめは「フォトブックA4タテ」。

ハードカバーは4040円/20ページなので価格的には普通ですが、SPOBOOKとまではいかなくてもいい物ができそう。

バランスが取れたフォトブックの作成が可能「ドリームページズ」

 

ココアルクイック

1ページあたりの価格:150円

大きさ:210mmx280mm

クオリティ:3/5

作りやすさ:2/5

ココアルクイックはその名前の通りクイック=早く作ることができます。

ただ完成形のイメージが少ないので、作り慣れていない人にとっては少しハードルが高いかも。

価格は中間ぐらいなので、特徴的なフォトブックを作りたい人には向かないかもしれませんね。

手っ取り早く作りたいなら「ココアルクイック」

 

撮るだけフォトブック

1ページあたりの価格:210円

大きさ:200mmx268mm

クオリティ:4/5

作りやすさ:3/5

アルバムのサイズが5つから選べるのは、好みで調節できると言った面ではいいですね。価格もまずまずで、A4のハードカバーが個人的にはおすすめ。

ただ今回のスポーツをテーマにしたところでは主旨が合わないかも・・・

というのも撮るだけフォトブックはトップページに書いてあるように「かわいく・おしゃれ」がテーマとなっています。

結婚式などには最適ですね。

結婚式に強いのは「撮るだけフォトブック」

 

フォトレボ

1ページあたりの価格:207円

大きさ:200mm×268mm

クオリティ:4/5

作りやすさ:4/5

フォトレボもおすすめの1つ。

無料素材も豊富でハードカバーのA4サイズの価格もまずまず。作成の手順も丁寧なので、初心者の方でも作りやすいでしょう。

欠点として上げるなら、やはりサンプルの少なさ。やっぱり作成時にイメージがあった方が遥かに作りやすいですからね。

ただトータルでみると「いいね」って言えますね。

無料素材も豊富。初心者に優しい「フォトレボ」

 

マイブック

1ページあたりの価格:325円

大きさ:186mmx263mm

クオリティ:5/5

作りやすさ:5/5

マイブックもおすすめの1つ。

マイブックはスポーツにも対応しているし、SPOBOOK同様、完成形のサンプルが見れるのは大きなポイントです。

ホームページも見やすいし、素材もまずまず。

ただ・・・価格が今回紹介したタイプの中で一番高いのが難点

そこが無ければSPOBOOKやフォトレボと並んで最高得点でした。

スポーツフォトブックの代表格「マイブック」

 

フジフォトアルバム

1ページあたりの価格:207円

大きさ:210mm×297mm

クオリティ:4/5

作りやすさ:2/5

フジフォトアルバムは結婚色が強いのでスポーツにはおすすめできません。サンプルを見てもはっきりとそう感じます。

結婚式としてはいいんでしょうけどね・・・・

結婚関連に強いフォトブック「フジフォトアルバム」

 

PHOTOPRESSO

1ページあたりの価格:55円

大きさ:182mm×242mm

クオリティ:1/5

作りやすさ:4/5

PHOTOPRESSOもサンプルがあり作ったイメージがしやすいのですが、問題は写真のレイアウト。

サンプルを見ると1ページに1枚となっており、フォトブックとしてはイマイチ。

これならタブレットと同じなので、フォルダーを作ってみた方が劣化もなくていいかも。

価格が安いのもうなずけます。

シンプルなフォトブック「PHOTOPRESSO」

 

PhotoJewel S

1ページあたりの価格:224円

大きさ:204mmx291mm

クオリティ:1/5

作りやすさ:4/5

こちらはCannonが出しているフォトブック。

トップページをみると簡単に作れそうな感じがしていいのですが、ホームページも見にくいし価格の割には・・・って印象です。

どれをとっても中途半端なので、あえて選ぶ必要はないかも。

Cannonが出しているフォトブック「PhotoJewel S」

 

フォトブックの比較まとめ

フォトブックの比較は以上となります。最後に価格やクオリティや作り易さ、そしてトータルで考えたおすすめのフォトブックをまとめておきますので参考になれば幸いです。

但し上記の5段階評価で1のものは該当しない様にしてありますので、ご了承ください。

フォトブックを価格で選ぶなら・・・

フォトブックを価格で選ぶならココアルクイック(1ページあたり150円)、ビスタプリント(1ページあたり166円)を選んでおくといいでしょう。

他にも単純にやすいフォトブックもありますが、クオリティの関係でおすすめはできません。

 

フォトブックをクオリティで選ぶなら・・・

フォトブックをクオリティで選ぶならSPOBOOKマイブックがおすすめ。

中身だけでなく、カバーもしっかりしているので思い出として形に残すならこの2つでしょう。

 

フォトブックを作り易さで選ぶなら・・・

フォトブックを作り易さで選ぶならSPOBOOKフォトレボマイブックの3つが手順や完成形がわかり易いのでおすすめ。

フォトブックって自分で作らないといけないので(SPOBOOKの場合は有料だけど作ってくれるシステムが有)、完成形でイメージできなかったり手順が分からないと、相当慣れている人でもない限り手間取ってしまう可能性が高いです。

なので作り易さも選ぶポイントにすることをおすすめします。

 

フォトブックをトータルで選ぶなら・・・

以上を踏まえてフォトブックをトータルで選ぶなら、第一選択としてSPOBOOK、次いでフォトレボです。

他から選ぶなら、ビスタプリントマイブックドリームページズといったところでしょうか。

やっぱりサンプルがあったり素材がしっかりしているとこはおすすめで、逆にページに写真を貼るだけのタイプは「それタブレットでいいじゃん・・・」ってなってしまうのでおすすめできません。

またせっかくの品なのでソフトカバーよりもしっかりとした形のハードカバーをおすすめします。

苦楽を共にした友達との思い出は本当に一生ものですよね。僕も部活での思い出に欲しかったなぁと今更ながら思います。

逆に子供の思い出には絶対作ろうと今から意気込んでみたり・・・

 

時代はデジタルですが形として残ると感慨深く、本当の思い出って感じであとから見直すと嬉しい気持ちになりますよね。

またフォトブックは写真を選んで作るので特にいい思い出となると思います。

みなさんもお子さんの部活やクラブチームでの思い出にフォトブックはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る