Pocket
LINEで送る

 

セルフケアは自分の身体と向き合う大事な機会になります。

自分の身体への意識が高い選手はそれだけ自分のパフォーマンスにも意識を持っていけます。

逆に自分の身体への意識が低い選手はパフォーマンスやトレーニングへも業務的で意識が低くなりがちです。

みなさんもセルフケアをしっかり意識し、自身の身体の状態へも目を向けましょう。

スポンサーリンク

 

今回オススメするのは筋膜リリースを簡単にできるアイテムです。

ここでもストレッチポールやマッサージボールなどのリリースアイテムを紹介してきましたが、今回はその中でも簡単に出来て効果も高いアイテムを発見し、購入し、試してみたので紹介したいと思います。

 

 

タイガーテールとは

 

簡単に出来て効果も高いセルフケアイテム。

それがタイガーテールです。

くまのプーさんに出てくる某トラと同じ色合いですね。意識したのかな・・・?

セルフケアにおすすめな「タイガーテイル」

セルフケアにおすすめな「タイガーテール」

これは棒状のアイテムですが、これで筋肉をゴロゴロする事で、筋膜リリースの効果があります。

 真ん中がローラーになっていてゴロゴロ転がるようになっています。

タイガーテイル

タイガーテール

 

タイガーテールのここがいい

 

タイガーテールは子どもや筋肉が敏感な人や筋肉の張りが強い人向けにおすすめの筋膜のリリースアイテムです。

今までの筋膜リリースアイテムは基本的に刺激が強く、部分的にはかなり痛みを伴うものも多々ありました。

筋肉が敏感な人は後日痛みとなったり、硬すぎる人にとっては従来のリリースアイテムは刺激が強すぎたりしていました。

また子供は強い刺激で行わなくでもリリースする事ができますし、強いリリースに対して嫌がったりすることで継続する事が難しかったりする問題もあります。

しかし今回のリリースアイテムは自分でも程よい刺激で行う事ができます。

気持ちもよく、継続する事が容易にできますので、強い刺激が苦手な人リリース後痛くなる痛いので継続するのが嫌って人にとっては本当におすすめで効果的です。

またこのリリースアイテムを使用後に強いタイプでリリースするという組み合わせもいいですね。

私自身、下腿三頭筋に通常のリリースアイテムを行うと痛みが出るためこのアイテムをよく使用します。

 

 

似た商品の注意点

 

似た商品でデコボコがついている物もありますが、あの手の商品は筋肉に対して刺激が強いかと思います。

それにデコボコがついているタイプを購入するならば違う商品が良いかと思います。

また強すぎる刺激はやった感はあっても筋肉のダメージにもなりますし、刺激に慣れてしまうとドンドン強い刺激を求め感覚が崩れてしまいます。

この手のアイテムは以前から筋肉に対してゴロゴロできて簡単なものがないかと考えていましたが、調べてみると簡単に見つかりました。

普段はケアが難しい筋肉である、前脛骨筋も簡単に行えるのもポイントが高いですね。

ボール系のアイテムは前脛骨筋のリリース・マッサージは慣れていないと難しいですからね

 

タイガーテールの使用でおすすめの身体の部分と具体的なやり方

タイガーテールのおすすめの部分の使い方の紹介です。

マッサージが苦手な人も自分で強さを調節できるのでおすすめです。

下腿三頭筋:ふくらはぎ

座った状態で行いましょう。簡単にできます。

グリッドフォームローラーの刺激が強いと感じる方に特におすすめです。

ふくらはぎのタイガーテイルのやり方

ふくらはぎのタイガーテールのやり方

 

前脛骨筋:すね

画像の様に座って行いましょう。

スネの正面と言うよりやや斜め外側から行うのがポイントです。

前脛骨筋のタイガーテイルのやり方

前脛骨筋のタイガーテールのやり方

大腿四頭筋:太ももの前

これは個人的に一番おすすめの部位です。

子どもの膝のスポーツ障害へのケアにもなりますので、出来るだけ毎日行いましょう。

正面だけでなく外側や内側へ斜めも行うがポイントです。

大腿四頭筋のタイガーテイルのやり方

大腿四頭筋のタイガーテールのやり方

 

上腕三頭筋

他の部分は手で持って普通に行えばよいですが、上腕三頭筋は少しやり方を変えた方が上手にできます。

テーブルやイスにタイガーテールを置き、そこに肘を曲げた状態で上腕三頭筋を乗せます。

そのまま肘を曲げ伸ばししながらゴロゴロすればOKです。

普段はタイガーテールを動かして身体にアプローチしますが、上腕三頭筋は身体を動かしてタイガーテールを使う感じですね。

上腕三頭筋のタイガーテールのやり方

上腕三頭筋のタイガーテールのやり方

 

 

 

タイガーテールの購入にあたって

 

サイズは3段階でありますが、スタンダードサイズがよいかと思います。

短いサイズはレビューにもあるように思ったより短く使い勝手が悪いでしょう。

タイガーテール/TigerTail-トリガーポイント&筋筋膜リリース・マッサージローラー /携帯用ミニモデル(30cm)

新品価格
¥3,690から
(2016/1/24 21:45時点)

 

これとトリガーポイントボールがあればかなりのケアが出来るかと思います。

トリガーポイントボールについては下記をご覧ください。

「トリガーポイントマッサージボールのおすすめの使い方4選」

 

非常にコストパフォーマンスがよい買い物をしました。

スポンサーリンク

 

ちなみに簡単なやり方も書いてあります。

って言いましても筋肉に対してゴロゴロ行うだけですので、誰でも簡単にできます。

タイガーテイルのやり方

タイガーテイルのやり方

 

おわりに

 

冒頭にも書きましたが、自分の身体の状態に関心がないスポーツ選手は怪我のリスクが上がります。

本当にうまくなりたい、怪我の怖さを知っている人はセルフケアも意欲的に取り組んでいきましょう。

下記の記事にもあるようにうまくなるには・・・を考えてトレーニングをしましょう。

「スポーツをする上でうまくなるための絶対条件とは」

 

セルフケアについて調べてこのページに辿りついたあなたならきっと行えるはずです。

 

是非タイガーテールでセルフケアを行い、怪我のリスクを軽減・次のトレーニングのパフォーマンスの向上に努めましょう。

タイガーテール/TigerTail-トリガーポイント&筋筋膜リリース・マッサージローラー /携帯用ミニモデル(30cm)

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る