Pocket
LINEで送る

 

近年高校でもスポーツ科が増え、優秀な選手を募集し有名になる事でマネジメントする学校も多いですね。

管理人の周りにも実際に通学している子がいますが、安易な決断は子供の将来を危険にしているかもしれません。

いい点も多いスポーツ科ですが、反対の悪い点・リスクをご存知ですか?

 

 

スポーツ科ののいい点・メリットとは

スポーツ科は部活に熱中したい、体を動かすのが好きな子供には合っていますよね。

いい点・メリットをご覧ください。

スポンサーリンク

好きなスポーツに熱中できる

これは共通てすが、進級するのに当たって必要な勉強量が他のクラスと比べて少ないので、運動の時間を確保する事ができます。

好きなスポーツに集中する事が出来るわけです。

入学必要な勉強量が少ない

そもそも偏差値が低いため入学のハードルが少なく、中学時代あまり勉強が得意でなかった子供でも入学する事が出来ます。

また能力が高い場合、特待生として入学できる事もあるようです。

その際は主に高校生活に必要な費用が一部免除されるようです。

勉強の心配が比較的少ない

スポーツに力を入れる為勉強に不安を抱える子どももいるかと思います。

しかしそこもスポーツ科。

ある程度子供の頭に合わせてくれるので安心です。

体に詳しくなる

授業なので身体の構造などが他の科よりも詳しく授業があるため、自然と体についての知識が身に付きやすいと言えます。

自分の体を扱うのに自分が体の事を知らなくては上へはいけませんからね。

 

 

スポーツ科の悪い点・リスクとは

体育が多く体を動かすのが好きな人にももってこいでなスポーツ科ですが、全てがいいことだけではありません。

スポンサーリンク

勉強の偏差値が低いのが当たり前になる

スポーツ科と言うのは基本的に偏差値が低いのが普通の環境になりがちです。

周りがそうだと自分が世間的にどうなのかを忘れてしまうのは、人間の悪いところです。

どこの団体でもそうですが、大切なのは世間一般の目線を忘れない事です。

いつ自分が団体から弾き飛ばされて世間一般になるかわかりませんからね。

スポーツが出来なくなった場合

これは意外と現実的な問題です。

部活で選手生命を脅かすケガをした場合、運動をするために入ったスポーツ科に所属する自分に対してどう感じるか?

ましてやスポーツ推薦で部活が義務とされていた場合なおさら・・・

マネージャーとして残るのか、他の科へ編入するのか、転向するのか。

少なくとも普通に部活を続けるより憂鬱な選択肢になる事は間違いありません。

将来運動を取った場合

これは個人的に一番気にしているところです。

学生の内はスポーツをしていればいいかもしれませんが、それがいつまでできるでしょうか?

お金をもらってスポーツが出来る人はほんの一握りです。そこから溢れた場合は?

 

自分-スポーツ=???

 

???に何が残るか考える必要があります。

 

 

結局どっちがいいのか考える

親目線・治療する立場の管理人の目線ですと断然スポーツ科以外です。

しかしスポーツ科を否定するわけではありません。リスクを考慮した上の判断であれば問題ないでしょう。

大人になるとそんな目でしか考えられなくなるのが残念ですが・・・

 

おわりに

スポーツ科への進学を考えている子、またはその親はよく考えてもらいたい問題になります。

選択肢がない場合はしかたないですが、選択肢がある場合はなおさらです。

確かに目の前の数年は大切ですが、それを理由に10年後を軽く考えてもいい理由にはなりません。

この記事で何かを感じてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る