Pocket
LINEで送る

 

僕には1歳を過ぎた子供がいます。

申年のせいか落ち着きがなく、毎日バタバタと慌ただしい日々を過ごしています。

 

焦っていたわけではないのですが妊娠するまでに時間がかかり、そのせいか妻は子供にメロメロ…。

育児を楽しんで、元気に育ててくれている妻に何かしてあげれることはないかなぁ。と思っていたところ、いつも子供の写メを見てはニヤニヤしているのを思い出し、子供の1年を集約させたフォトアルバムをプレゼントすることにしました。

ちょこちょこ子供を連れて旅行などは行ってますが、厳密なプレゼントは始めてかも…

初回限定ですが、フォトブック業界でもおそらく最高クラスのクオリティであるフォトアルバムが3000円ちょっとで作れたのはラッキーでした。

スポンサーリンク

 

 

スポブックでフォトブックを作った経緯

僕はスポーツ関係のブログを書いているのでその関連で、スポブックというスポーツでのフォトアルバム作成に特化したサービスを知っていました。

実際にサイトをチェックし他の会社と比較しても作りやすいと感じましたし、何より純粋にカッコいいと思っています。

そこで以前から知ってはいたのですが、初めての人にというかどんな感じで出来るか不安な人向けに初回のみですが30%offのサービスをやっていたのを思い出し、せっかくの機会なのでお願いすることにしました。

実際の作成手順についてはこちらのフォトブックの記事で書いてるのが割愛しますが、僕にはフォトアルバムを作成する際にいくつか条件がありました。

 

 

フォトブックを作る時の3つの条件

フォトブック(フォトアルバム)を作成する時の条件は3つありました。

  • スマホの画質で対応できるか
  • パソコンの知識が少なくても出来るのか
  • 作りやすいか

このあたりってみなさん気にするところだと思うんですよね。ちょっと具体的に見てみましょう。

スポンサーリンク

フォトブックの疑問1「スマホの画質で対応できるか?」

最近ではデジカメから本格的な一眼レフカメラを使って撮影する人も増えましたが、管理人も妻も撮影はスマホが基本です。スマホ撮影でも十分に綺麗ですし。

なのでスマホでもきちんと画質が出ないとそもそも話になりません。

最近のスマホは画質は素晴らしいですが、完成したのがぼやけていたりしたら嫌だったので実際に問い合わせて聞くことに・・・

すると

最近のスマホで撮影したものでも十分ご利用可能です。特にアルバムは1枚の最高の写真より100枚のたくさんの写真で構成される1冊の物語。というコンセプトなのでその時その場面の写真を画質が悪くても放り込んでいただきたいのが本音です。

システム的には、最適な画質サイズ以上に引き延ばすと写真にビックリマークみたいなものが出現するようになっております。基本的にはこの機能で写真が必要以上に引き延ばされていないかを確認頂きます。

と回答を頂け、それならと納得し制作に入りました。

実際に作成して届いたものをみると、大きく引き伸ばしたものは多少は荒くなっていましたが、普通サイズであれば問題ありませんね。

もちろんクオリティにめちゃくちゃこだわる!って方はスマホでなく、一眼レフやデジカメでの撮影をおすすめします。

ちなみに管理人のスマホの画素数は最近では一般的な「1920×1080」です。

↓ハードカバーでクオリティが高いアルバムができた

スポブック

フォトブックの疑問2「パソコンの知識が少なくても出来るのか?」

管理人はブログや情報を発信していますが、正直パソコンには強くありません。自分のパソコンを持ったのも2年前ですし、あまり必要性を感じていなかったんですよね。

なのであまり複雑な動作は苦手というか、わからないのでパソコンの知識が少ないのも条件の1つでした。

 

ダウンロードについては少し手間取りましたが、その他の動作は感覚で行なえるし、何より解説が丁寧だったので問題点ありませんでした。

ダウンロード手順についてもこちらで解説しています。

クラブや部活の思い出の品にSPOBOOKのフォトブックがおすすめの6つの理由

 

フォトブックの疑問その3「作りやすいか?」

そもそも完成イメージや制作手順などがないと、こういったものは作りにくいですし、はっきりいってセンスがない管理人にはうまく作り上げる自身はありません。

なので作りやすいかも条件の1つです。こちらの記事でも解説していますが見本や手順は重要なポイントでした。

30種類の以上の制作具体例をチェックする

上と少し被りますが作成手順がとても丁寧で、完成イメージも豊富なのでかなり作りやすい方でしょう。

他のフォトアルバム作成サービスは完成図がイメージしにくかったり、手順がわかりにくいのも多いですからね。

30種類以上、全てのページをチェックできるのはフォトブック作成会社としてはないでしょう。

 

 

フォトブックの製作にかかった時間

まずはパソコンに写真データをスマホから移さないといけないので、MicroSDの内容を移せるカードリーダーを購入しPCへ移しました。

 

あとは実際に作成ソフトをダウンロードして、パソコンに移した画像をそのソフトにアップロードして、テンプレートに沿って作成。

購入手続きをして終わりとなります。

一連の流れでだいたい2時間ぐらいだったと思います。途中夕食を挟みましたが・・・

ただこれ、慣れている人だったらもっと早いでしょうね。

 

でもアルバム作成ってめちゃくちゃ楽しいので、自然と時間もかかってしまうんですよね。1人ニヤニヤしなから作ってしまいました。汗

 

実際に作ったフォトブックの構成

実際に作った構成をちょこっと紹介します。

スポブックは最初からテンプレートが豊富でそのまま使ってもかなりカッコいいのでほとんどいじらずに作成しました。

構成は

  • 表紙
  • 目次(見出し)
  • 生まれてから一ヶ月ごとの写真(0ヶ月~12ヶ月の13ヶ月間)
  • イベントページ
  • 終わりに

で一ヶ月ごとに成長がわかるように作る事で実際にイベントを思い出したり、大きくなる姿がわかりやすいように意識しました。

少しずつ大きくなる子供や、記念のイベントを改めて見てみると感慨深いものがありますよね。

↓厚さは2cmぐらい

スポブック

 

フォトブックは初回のみ30%off

これは書いてもいいのかわかないのですが・・・

スポブックは本当はチーム&スポーツ限定なんですよね。そこに子供の写真ばっかりって本当は問題がありそうですが、30%offという数字に引かれて作らせていただきました。

クオリティも高いし、サービスも心強いので定価自体はそこそこしますが、

怒られないかな・・・

具体的に制作手順はこちら→クラブや部活の思い出の品にSPOBOOKのフォトブックがおすすめの6つの理由

 

自分でいうのもなんですが、完成アルバムは中々上出来だったので両家の親にもプレゼントしようかな?と考えています!

Pocket
LINEで送る