Pocket
LINEで送る

 

スライディングボードというアイテムご存知でしょうか。

これは身体の使い方や股関節がしっかり使えないと素早く出来ないので、運動能力の向上や運動神経を刺激するのにおすすめです。

また滑る感覚は日常では中々ないので子供の神経を刺激するのにはもってこいです。

最近ではエグザイルグループがよく使っているのも見ます。よく鍛えているだけあってさすがの動きですね。

ではご覧ください。

 

 

スライディングボードとは

スライディングボードとは名前の通り、滑る為のボードです。

ボードっていう割には板ではないのですが、とてもすべりやすく、身体をうまく使えないと転倒してしまいます。

それなりに時間をやろうと思ったら持久力も必要になりますし、股関節のエクササイズとしてはもちろんですが、素早く行えば有酸素トレーニングとしてもおすすめです。

スライディングボード

スライディングボード

大きさは会社や価格によって違いますが、縦は畳一畳よりも狭く、横は少しはみ出るぐらいでしょう。

目安はペットボトルを参考にして下さい。

両サイドに板状の制限版?みたいなのがあり、そこに滑ってきた足を当てて反動で反対へ蹴る!これを繰り返し行うスポーツアイテムです。

自宅で出来るのがいいですね。

 

スライディングボードを使う目的

スポンサーリンク

 

スライディングボードを使う目的はなんでしょうか?

管理人が実際に使ってみて、感じたことをまとめました。

 

・運動で大切な下肢と上肢の連結

運動時上肢の動作がついてこない子におすすめですね。腕が使えていない子供は結構多いですよ。

・股関節をしっかり使うように意識できる

プレー中骨盤が後傾や過度に前傾してしまう子におすすめです。

また過度な内旋や外旋があると滑りにくいためうまく滑ろうと思うと自然と上手な使い方になります。

・下肢の強化(結構きついです)

・有酸素トレーニング

・子供の運動神経を刺激

・バランスを取ったり等の感覚を養う

 

 

スライディングボードの使い方

スポンサーリンク

 

室内用の靴に専用のカバーをかぶせて横に滑るようにしましょう(専用ののカバーは付属品です)

”右→右端へ行ったら右足で支点を蹴って左へ”をそれぞれ繰り返して行うのがメインの使用方法になります。

これは端へ滑って行った際に股関節がニュートラル(内旋外旋、内転外転をしない状態)で壁を作れないと支えられずに次の動作が遅くなったり、慣性の法則で投げ出されてしまいます。

逆に滑った後、しっかり壁が作る事が出来る場合は次の動作が素早くできます。

またスピードスケートの選手の様に腕を振ることでバランスがとれ、素早く行えます。

下肢と上肢の連結を覚えさせるのにもいいですね。

実際中学生にやらせてみたら素早く出来ないか、素早く使用をすると股関節がしっかり使えていないため、反動で横に飛ばされる事が多かったです。

スライディングボードの良い例

スライディングボードの良いフォーム

スライディングボードの注意点

スライディングボードの使い方が悪いと投げ出される

 

 

スライディングボードを使った感想

正しく行おうとすると純粋にきついです。

普通に息も上がりますし、足の負荷も結構きますね。

バランスをとらないとうまく滑れませんので、バランス感覚と下肢のトレーニングを同時に行えるのでいいですね。

楽しく出来ますし子供にオススメします。

 

 

スライディングボードを使う時の注意点

このスライディングボードを使用するにあたり、滑走剤などを別途購入しておくことをオススメします。

シリコンスプレーでよいでしょう。

スライディングボードについて

スライディングボードについて

と言うのも使用していると滑りが悪くなってきます。

つけた後は本当に滑るので慎重に行って下さいね。

また滑るところの下に滑り止めがついていますが、これで不安という方は別に滑り止めを購入するとよいでしょう。

 

シューズカバーの予備は他の会社の商品でも問題ないでしょう。

リンドバーグ スライディングボード用シューズカバー

新品価格
¥498から
(2016/1/27 00:30時点)

シリコンスプレー。おすすめです。

KURE [ 呉工業 ] シリコンスプレ- (420ml) 潤滑・離系剤 [ 品番 ] 1046 [HTRC2.1]

新品価格
¥298から
(2016/1/27 00:30時点)

これがあると床からより滑らずいいですね。

すべり止め シート 30cm×5m E-3560

新品価格
¥445から
(2016/1/27 00:32時点)

 

スライディングボードを購入した会社

色々な会社の商品がありますが、トーエイライトで問題ないでしょう。

実際私が購入したのもトーエイライトでした。他のメーカーのもありましたが、安すぎるため耐久性に不安があったのでやめました。

(人間の無意識の反応として、値段的には真ん中の商品を買いました笑)

料金も他と比べて高額ではないですし、悪い印象はありませんでした。

TOEI LIGHT(トーエイライト) スライディングボード H-7437

新品価格
¥12,529から
(2016/12/15 23:53時点)

もちろん良いものはそれなりにしますね。

MIZUNO(ミズノ) スライドトレーナー 28MN-19100

新品価格
¥26,308から
(2016/12/15 23:54時点)

 

さいごに

今回は珍しいトレーニング器具の紹介でした。

有酸素トレーニングになりますし、サーキットトレーニングに組み込んでもいいですし、雨の日に室内で行うのもよいでしょう。

自分の足で滑る感覚、バランスを取る感覚という通常のトレーニングでは中々養えない感覚を得る事ができますので、おすすめの器具になります。

是非活用して下さい。

 

スライディングボードについて聞きたいことがある方は下記のお問合せからどうぞ。

「お問合せ」

 

また骨盤後傾予防エクササイズと並行して行う事でより効果が上がります。

「骨盤後傾予防エクササイズ」

 

以上で「子どもの運動神経を刺激!スライディングボードを使った感想」の紹介を終わりにします。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る