Pocket
LINEで送る

 

ここ数年でグリッドフォームローラーはかなり有名になりましたよね。ストレッチポールも同様で一般の方でも知っている方は多いです。

でもこの2つの違いやどっちをどう使うといいのか?と聞かれたらわからないと思います。

今回はあなたがどっちを使えばいいのか、グリッドフォームローラーとストレッチポールの違いをわかりやすく解説したいと思います。

是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

 

グリッドフォームローラーとは

グリッドフォームローラーはトリガーポイント社が作成した筋膜リリースに特化したコンディショニングアイテムです。

デコボコがあり、この部分が偏った筋肉に刺激を与えて整えてくれます。

トリガーポイント社の商品はトリガーポイントマッサージボール同様、品質は素晴らしいですね。

グリッドフォームローラー

グリッドフォームローラー

長さ・太さ:グリッドフォームローラーは太さは同じですが、長さは3種類あります。大・中・小(10cm、33cm、66cm)です。個人的には持ち運びする機会がないようであれば断然、大をおすすめします。というのも大であればストレッチポールの代わりにもなるためです。

種類:グリッドフォームローラー硬さの違いで2種類あり、通常バージョンとXバージョンです。Xバージョンは硬めにできていて、慣れていない人や子供にはおすすめできません。強刺激が好きな方はXバージョンでもいいかもしれませんね。

グリッドフォームローラー

グリッドフォームローラーX

↑グリッドXはかなり硬めで子供や慣れていない人にはおすすめできない

 

偽物というか類似商品も大量に発売されており、品質としては到底本家には勝てないでしょう。というのもデコボコが大きすぎて筋膜リリースというよりも筋膜を傷つけてしまう恐れもあります。

買うなら多少高くても、本物をおすすめします。

 

ストレッチポールとは

ストレッチポールとは名前の通りストレッチに有効な円柱状のアイテムです。基本的にストレッチポールという名称は商標商標登録されているので、決まった会社以外(LPN社のみ)は使ってはいけません。ただストレッチポールと言うとなんとなくみなさん同じ商品を想像しますよね。ここでも便宜上特定の商品を指すのではなく、全般的な話とします。

ストレッチポールの太さ

ストレッチポールの太さ

長さ・太さ:ストレッチポールの長さは大むね90~100cmが多く、太さも15cmが多いです。但し、会社によっては女性用や子供ようとして少し細目に出来ているタイプもあります。

種類:種類というか価格などによってポールの中身が異なります。安いものだと中身が全て発泡スチロール状で使うにつれて変形するので、安すぎるものはおすすめできません。

用途:基本的には名前の通り、ストレッチがメインです。グリッドフォームローラーと違い筋膜リリースを行うには物足りないでしょう。

ちなみに正式なストレッチポールはそこそこ高価で、実際に管理人も使ったことがありますが、少し硬めです。ただ安価な発泡スチロール状とは違うので、長い期間使えそうです(クライアントの代理で購入し、一度だけ使わせて頂いただけなので中身までは確認できませんでした。)

 

グリッドフォームローラーとストレッチポールの違い一覧

グリッドフォームローラーとストレッチの違いを一覧で簡単に解説してあります。

スポンサーリンク

 グリッドフォームローラーストレッチポール
デコボコ デコボコあり 基本的になし
硬さ 2種類の硬さ 会社によって異なる
太さ 統一 会社によって異なる
長さ 3種類(10.33.66) 会社によって異なる
品質 ○ 会社によって劣悪なものもある
用途 筋膜リリース、ストレッチ、体幹トレ ストレッチ、体幹トレ
価格3,000 ~9,000円 会社・品質によって異なる

 

 

グリッドフォームローラーとストレッチポールの使い方の差

形の違いは上記の通りですが、使い方にも差があります。

グリッドフォームローラーは筋肉・筋膜に対してダイレクトでアプローチしたい人に特におすすめです。

具体的な使い方はこちらで解説していますので、ご覧ください。

効果的なグリッドフォームローラーの使い方5選と注意点

 

ストレッチポールは姿勢を整えたい人におすすめです。胸郭を開いたり、バランストレーニングを行うにもいいでしょう。

こちらで一部解説しています。

スポーツで必要な背骨ストレッチ。胸椎伸展・回旋体操のやり方

簡単なトレーニングならこちらで触れています。

正しい体幹・コアトレーニングと基本メニュー4つのやり方

 

グリッドフォームローラーとストレッチポールはどちらがおすすめか

管理人は2つとも持っていますが、グリッドフォームローラーを使うことが多いです。デコボコが本当に絶妙なんですよね。あとは体をのせてローリングする事で「おぉ〜」となります。これは経験すると癖になりますね。

ストレッチポールは上に寝て胸を開く時に使います。手を合わせて上へ伸ばして伸ばしたり、横に広げて伸ばしたりすると胸が広がり、普段前のめりで固まった筋肉が緩みます。ただこれってグリッドフォームローラーの大を購入すればストレッチポールは必要ないんですよね・・・

 

管理人がどっちが選べと言われたらデコボコと品質の差でグリッドフォームローラーを選びます。

もちろんあなたの用途に合わせて使うのが一番ですよ。グリッドフォームローラーは太さは決まってますし、長さも3通りですからね。

ただ管理人はグリッドフォームローラーの後にストレッチポールは使いたいと思えません…

グリッドフォームローラー+安いストレッチポールの組み合わせでもいいかもしれませんね。

 

硬さで決めるなら柔らかい順にのストレッチポールの柔らかいタイプ→グリッドフォームローラーの通常バージョン→ストレッチポール硬いタイプ→グリッドフォームローラーのXバージョンといった具合です。

価格は幅がありますが、安いストレッチポールはおすすめしません。

あとグリッドフォームローラーは類似品にご注意を。

 

グリッドフォームローラーは大がおすすめ

 

細めならトワテックのストレッチポールは使い心地が○

 

純正のストレッチポールはこれ(R)マークも入ってます

 

管理人より

今回は以前質問された内容をまとめてみました。購入の際に少しでも参考になれば幸いです。

まとめとしてはグリッドフォームローラーをもっておけば問題はないけど、柔らかいのと細いのがいいという方はストレッチポールをおすすめします。通常のグリッドフォームローラーも決して硬くはないです。

あとはお財布を相談して決めて下さいね。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る