その他

バスケットボールにおいて一番成功率が高いシュートとは

更新日:

 先日スポニチさんの記事をネットで閲覧し、感じたことがあったので細々とですが書いていきます。

 

いきなりですがバスケットにおいて一番成功率が高いシュートってなんだと思います?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

それはレイアップではなくダンクです。まぁゴールに叩き込むんだからそうですよね^^;

(できる、できないの話はありますが・・・)

 

 渡辺雄太選手は日本人では4人目のジョージ・ワシントン大でNCAA(全米大学体育協会が主催するバスケットの大会)に参加する20歳のプレーヤーですが、そこではレイアップではなくダンクを指導されるとのことです。

 

日本でシンプルと言えばレイアップです。もちろんレベルに応じますが、日本の環境に慣れていた渡辺選手は驚いたでしょう。

 

しかしダンクは見ている方も豪快さに目を奪われますし、チームのムードにもよい。 成功率も高いとなれば、それを指導されるのは至極当然の事なんですね。

 

当然のことを当然と理解し、当然の様に行うのは簡単なようで難しいですよね^^;

 

また、今までは当然の様に良いと思っていた事が、実はそれよりも良いやり方・方法があったら僕も進んで見習わないといけないと感じました。

日本人は古き良きを大事にしますが、その反面、依存も強いですから・・・

 

とかごちゃごちゃと話しを広げてしまいましたが、渡辺選手の様な2m選手がアウトサイドよりバンバン決める時代がきたんですね(しみじみ

彼が、日本人が、NBAでガシガシ活躍する姿を早く見たいです!

これからの日本のバスケットが楽しみです^^

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

-その他
-

Copyright© Body Problem , 2021 All Rights Reserved.