Pocket
LINEで送る

 

近年スポーツに携わる仕事は注目され、とても人気があります。

そこで今回はスポーツに関係する仕事を簡単にですがまとめてみました。

スポーツ関連の仕事に就きたいけど、どんなのがあるんだろう・・・そんな方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

 

 

スポーツに関わる仕事:実際にプレー

これはいわゆるプロになりますが、プロでも様々です。

トッププロはテレビに出るような選手たちで、日本だとプロリーグがある種目はプロと言えるでしょう。

実業団はプロリーグはないものの、その競技をするために在籍する人がいます。

午前中は仕事をして午後はトレーニングと言った感じでしょうか。

どうやってプロ選手になるか

トッププロは高い能力が必要になり、一部の選手しかなれません。

実業団はある程度の能力とコネがあると入団が可能となります。

プロ選手のリスク

実際プロになっても活躍出来なければプロと言っても厳しいですし、引退後の生活は特に心配な問題です。

プロは引退後の方が人生が長いので、その後の人生設計をしておかないと大変です。

キャラクターが強い選手や能力が高い選手は問題ありませんが、一般的なプロは自分で仕事を探さないといけません。もちろん球団に引っ張られることもありますが。

実業団はその会社が傾かなければ、問題はないでしょう。傾いたら普通にリストラの可能性もありますが。

 

 

スポーツに関わる仕事:指導者

指導者もスポーツに関わる仕事と言えます。

プロコーチ学生の顧問指導者外部コーチなどが上がり、このあたりは比較的現実的です。

そのスポーツの深い知識や戦略が必要となります。

また人に指導する立場として人間性も多少必要となるでしょう。

どうやって指導者になるか

多くはそのスポーツを経験している必要があります。

経験後、例えば部活の顧問なら大学へ行って教員免許をとります。

プロコーチになりたいならコーチングの勉強も必要となるでしょう。

外部コーチはコネや紹介なども重要です。

何はともあれその業界で生きているという実績が大切です。

 

 

スポーツに関わる仕事:サポーター

これは基本的にプロのみと言えます。

サポーターと言っても応援する方ではなく、本当のサポートです。トレーナーセラピスト用具員など。

それぞれ特徴があり選択肢は多いですね。

例えば専属セラピストなら理学療法士や柔道整復師、鍼灸師などの国家資格を持った上でチームに帯同します。

トレーナーも資格を持っている人が多いですね。管理人的には資格があろうとなかろうと素晴らしい人は素晴らしいのであまり気にしませんが、どうしてもふるいにかける為、資格が必要となっているチームが多いのが現状です。

 

また勤める施設も大切です。

トレーナーになりたいのに、普通のクリニックや治療施設に勤めていては遠回りとなります。もちろん経験はつめるでしょうけど。

 

 

スポーツに関わる仕事:用具メーカー

これは販売です。

ナイキ、ミズノなどの一流企業や街のスポーツ用品店などです。

 

 

スポーツに関わり仕事:情報関連

メディアですね。テレビ局新聞スポーツ雑誌

これは会社によっては望む部署にいけるかなんとも言えないので、微妙です。

ただ比較的近くで選手やチームを観察できるのでやるのと触るのはちょっと・・・って方にはおすすめです。

ただやっぱりこの辺りは大学を出ていないと就職といった面では厳しいでしょう。

 

 

スポーツに関わる仕事:その他

細かく言うと他にもありますが、上記以外でもスポーツに関わる仕事は多いです。

これからの時代様々な面でスポーツ産業は伸びをみせるでしょう。

施設関連

ドームやサッカー場の施設で働くことも スポーツに携わると言えます。

 

その他会社

スポーツを応援する会社もあります。スポンサーに近い感じですね。

 

財団法人

日本体育協会やスポーツ振興財団などもスポーツとの関りは強いと言えます。

 

 

スポーツに関わる仕事:例外

スポンサーリンク

 

他にも仕事ではないですが、通常の仕事を行った後に趣味で夜にサークル活動で行ったり、土日に指導する人もいます。

管理人も高校生の時に地元のバスケチームに参加し、週に2回程大人に混ざってプレーしてました。

これは幅広い年齢層でバスケが出来てとても楽しかったです。

小学校・中学校の夜に行っている事が多いので、地元であれば親や友人に相談してみてもいいかもしれませんね。

何人かは知っているはずです。

 

 

自分に合ったスポーツ関連の仕事の見つけかた

これはその人がスポーツ以外に何を持っているかによって異なります。

治療をしたいと思ったら、セラピストやトレーナーなど。外部コーチもできるでしょう。

学力があるなら研究者や大学で教員免許を取ったらなら体育教員で部活指導でもいいですね。

それこそ能力があるならプロスポーツでもいいですね。

スポーツが好き+αでαの部分が個人の能力になります。

これを自分にあてはめられると簡単にやれそうなことが見つかるかと思います。

文を作るのが好きなら雑誌記者もいいですね。

 

 

管理人より

基本的にどれかに決めても他の選択肢が消えたわけではないので、どんどんチャレンジしてもいいと思います。

管理人は治療をしますが、他の声がかかればそちらもチャレンジしようと思っていますし。

なんでもやってみればそれなりに楽しめると思います。悩んでいるなら最初はバイトとかでもいいかもしれませんね。

以上でスポーツに関わる仕事の簡単な紹介となります。

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

Pocket
LINEで送る