Pocket
LINEで送る

 

フレッシュなスポーツのケガやスポーツ障害の情報はスポーツメディスンやトレーニングジャーナルが本当におすすめです。

月刊誌である為、注目されているトレーニング内容や、スポーツ障害、治療方法などが掲載されています。

今回は私も年間定期購読しているスポーツメディスンとトレーニングジャーナルの説明をしていきたいと思います。

是非、最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

【スポーツメディスンとは。内容を紹介します】

スポーツメディスンについて

スポーツメディスンについて

総ページ数 約50ページ

 

スポーツメディスンは月刊誌で年10冊発行され、月ごとにテーマがありそのテーマに沿って何人かの専門家が取材を受け、それを元に記事を書いています。

 専門家はドクターや理学療法士であったり、医学博士であったり、スポーツトレーナーであったりします。

記事の内容は研究者であれば研究による具体的な数字を掲載してくれますし、トレーナ―ならその人が行っているメニューや現場での事を記事にしてくれます。

スポーツメディスンが出版される前のスポーツ医学誌と呼ばれるものはドクターのみを対象としてるものが多かったですが、スポーツメディスンは“現場”で実践する人を対象とするため、多くのスポーツスタッフに読まれる内容となりました。

現場でできるスポーツ医学、知識として“使えるスポーツ医学”を常に目指して作成されています。

また現在、スポーツ医学界で注目、話題になっている内容をPickupして作成してありますので、情報が本当にフレッシュです。

これは私が本や参考書を購入する上で重要にしている事になります。

スポーツ医学関連ニュースや話題の出来事、療法、施設、人物、製品なども紹介しています。

コラムなんかはただのコラムと言えない内容で、読んでいても楽しいです。

 

スポーツ医学実践者のためのスポーツ医学専門誌という名に恥じない素晴らしい内容です。

 

整形外科、整骨院、スポーツ現場でよくわからないまま、正しいのか疑問を持ちながらストレッチやマッサージを行っている方、スキルアップにつなげるために購入をすすめます。

 

【スポーツメディスンの購入について】

 

1ヶ月・・・1080円

12ヶ月・・・10000円 

年間購読ですと800円、一回分お得ですね。

 

一応、1ヶ月ごとの月払い制もあります。

これは毎号停止の依頼があるまで送られてきますが、これをやるなら年間購読をした方が断然いいですね。解約がいつでもできるのが唯一のメリットでしょうか。

個人的にはあまりメリットに感じられませんね。

 年間購読は手間もかからないし、割引きもききますしオススメです。

 

もっともっと本気で情報を知りたい、情報に飢えている方はデジタル版もいいでしょう。

118~167号まで 50冊分です。

少々値ははりますが、知識を得るにはもってこいですね

 

あとは過去のメディスンを特集として年ごとの購入もできます。

これも5年購入と同様でデジタルになりますが、年間で3240円とかなりお得ですね。

と言うより、今からバックナンバーを細かく買うなら断然こっちの方がいいでしょう。

過去の記事を三冊買ったら一年分になりますから。

デジタルオンリーというのが最大のネックですが。また特集は2013~2015までとなっているようです(2016/3現在)

デジタルで見る習慣が無かったり、紙で見る方が落ち着くという方は個別で気になる月を購入してもよいでしょう。

ちなみに私は気になる号は紙で購入しています。。。

それぞれ具体的な購入方法はページ下記に詳しく書いてありますのでご覧ください。

 

 

【トレーニングジャーナルとは。内容を紹介します】

トレーニングジャーナルについて

トレーニングジャーナルについて

総ページ数 約100ページ

 

トレーニングジャーナルは毎月発行されるスポーツ専門誌になります。

コンセプトとして安全に、効率よく、そして楽しく!スポーツをわかりやすく伝える専門誌としています。

内容はスポーツメディスン同様、月ごとにテーマがありそのテーマに沿って何人かの専門家が取材を受け、それを元に記事を書いています。

毎月のテーマのほかにトレーニングやコンディショニングの理論と現場、著名チーム・選手のトレーニングなどの情報、スポーツ栄養、メンタルトレーニング、チームマネジメントなど、スポーツ現場で求められていることを実際的に紹介します

スポーツ現場の人を対象にスポーツをわかり易く伝えてきますが、専門家はスポーツメディスンと比べ、より現場よりの人が選出されている様に感じます。

柔整師やパーソナルトレーナー、コーチがスポーツメディスンと比べ多いかと思います。

スポーツに特化したセミナーや求人も掲載されていますので、そこをチェックするのも楽しいです。

 

【トレーニングジャーナルの購入について】

 

送料は無料になります。

 

1ヶ月(1冊)  756円

6ヶ月 4200円 336円お得

12ヶ月 8400円 672円お得

 

トレーニングジャーナルも1ヶ月ごとの月払い制もありますがスポーツメディスン同様、わざわざ毎月払いにする必要はないでしょう。

一冊一冊の金額は決して高くないので、普通に年間購読をおすすめします。

 トレーニングジャーナルは過去1年分まとめ買いというのはないようですね。

 

 

【スポーツメディスンとトレーニングジャーナルの違いを簡単に説明】

 

スポンサーリンク

 

スポーツメディスンは現場と研究に基づくため、最先端で数字などのデータにも強い。

メディスンは余計なページは少ない。

 

ジャーナルは広告が多く、求人や講習会などもスポーツメディスンより多い。

トレーニングジャーナルは現場に特化。その月によってメインテーマ以外の事も多い。そのため、中には外れがあるかもしれない。もちろん読むことに外れはないが、専門外という意味で

 

 情報がフレッシュで毎回勉強になるというのが共通点ですが、それ以外でもそれぞれ特徴があり、どちらかだけ購入しようとすると悩ましいですね。

という事で、結局は2つ共買うのが一番という話になります。

 

それぞれ年間購読しても月1600円程度ですので負担も少ないです。

 

 

【購入に関して具体的なチェックポイントと買い方の詳細】

 

購入は「Fujisan.co.jp」が断然おすすめ。

 Fujisanはピンポイントでのバックナンバーの検索も簡単で、年間購読の手続きや更新が簡単です。

また上記の通り、年間購読ですと購入時7%引きとなるのも地味にありがたいですね。

 それぞれのページから購入画面へ行き、買い物かごに入れてから登録しましょう。

スポーツメディスンのページはこちらから

スポーツメディスンの購入方法

スポーツメディスンの購入方法

ダイレクトでスポーツメディスンのページへいけるようにしておきました。

↓↓↓

「月刊 スポーツメディスン」

 

私が購入しているオススメの年間購読はこちら

スポーツメディスンの年間購読

スポーツメディスンの年間購読

バックナンバーは下へ行くとあります。

スポーツメディスンのバックナンバーバックナンバー

スポーツメディスンのバックナンバーバックナンバー

年間購読をする場合、何月から購入するか選択できますが、余程ほしくない内容でない限りいつからの購入にしても問題はないでしょう。

あとは買い物かごに入れて購入画面へどうそ。

 

スポーツメディスンの特集ページはこちら

こちらもダイレクトで特集ページへ行ける様にしてあります。

↓↓↓

「月間スポーツメディスン 特集パック」

 

スポーツメディスン特集ページ

スポーツメディスン特集ページ

お好きな年をクリックすればその年の各月のテーマがみれます。

ただし、デジタルオンリーなのでご注意ください。

また2013~2015までになっているようです(2016/3現在)

気になる年があれば買い物かごに入れ、購入画面へ。

 

トレーニングジャーナルのページはこちらから

トレーニングジャーナルの購入方法

トレーニングジャーナルの購入方法

こちらもダイレクトでいけます

↓↓↓

「月刊 トレーニングジャーナル」

 

私が購入しているおすすめの年間購読はこちら(6ヶ月購入もご希望によりどうぞ)

トレーニングジャーナルの年間購読

トレーニングジャーナルの年間購読

バックナンバーは下にあります。

トレーニングジャーナルのバックナンバー

トレーニングジャーナルのバックナンバー

あとは買い物かごに商品をいれ購入画面へ

 

購入画面の説明

 買い物かごに入っているのを確認したらクリックし購入画面へ

買い物かごを確認

買い物かごを確認

初めての方はこちらの「ご注文に進む」をクリック

注文に進む

注文に進む

情報を入力していき完了

情報を入力

情報を入力

 

【解約したいとき】

 

年間購読をしていて、次の年はとりあえずいいかなと思ったら、終了1ヶ月程前に更新の案内がFujisanよりメールできます。

その時にメールより専用ページへ行けば簡単に更新を取りやめる事ができます。

しかしこの案内メールを無視しますと自動更新となりますので、やめたい方は忘れずに手続きをして下さいね。

 

【迷う必要はないけれど、もしも購入に迷っていたら聞いて下さい】

 

他の参考書もそうですが、このサイトで紹介するものは基本的に私がいいと思ったものを紹介しています。ほとんど自分で購入し中身を呼んだうえでの紹介ですので本当におすすめです。

でもどうしても内容が不安等ありましたら、私が持っているバックナンバーでしたらご連絡を頂ければアドバイスをします

下記のお問合せよりどうぞ

「お問合せ」

 

【おわりに】

 

実際現場を経験することも大事ですが、知識を購入するという事は実際とても大事になります。

しかも月刊ですので、最新の記事ばかりです。

フレッシュな情報を取り入れる事で、時代からの置いてきぼりを避けましょう。

 

 迷っているなら買いの参考書の紹介でした。

スポンサーリンク

 

Pocket
LINEで送る